マチナカ年代記

ぼくが考え、書いてきたこと。

固定記事:ぼくがこのブログでしたいことについて

こんにちは。 記憶が確かなら、ぼくが「ブログ」を始めたのは2001年の4~5月ごろ、ニフティのココログでだったかと思います。その頃はまだ無料のブログサービスはなく、プロバイダから提供されるサービスだったので、そのプロバイダを解約すると同時にブログ…

2405:「熾火」創作ノート①

こんにちは。 実は、昨年の8月以来、ちまちまと小説「のような」文章を書いてきました。1回1000文字程度の文章を、60回ほど分載してきています。1000文字というのは、だいたい新聞の連載小説くらいの文字数になるようで、あらかじめ狙って設定したものではな…

2405:信仰と理性、宗教と哲学

とある批評家の方がおっしゃっていましたが、文学と宗教、哲学の三者とは、かつて不可分のものとして存在していたのだそうです。かろうじて信仰を保持している私としては、この発言は歓迎できるものでした。先だって私は、「哲学とは、言葉の丁寧な運用」で…

2405:いま、「哲学」とは?

昨夜、「哲学が苦手」だと言ってやまない友人と語り合いました。興に乗って、少しばかり話してしまったのですが、ここでは、その話しを思い出しながら、稿を進めていくことにしたいと思います。おつきあいくださいますと幸いです。 高校で履修した科目名がそ…

2405:坂上さんと國分さんに伝えたかったこと②

坂上香さま 國分功一郎さま 先般お届けした文章をお読みくださいまして、ありがとうございました。今回は、私の質問について國分さんがお答えいただいたのに続けて、坂上さんがしてくださったご発言に関して書いていこうと思っています。どうぞよろしくお願…

2405:坂上さんと國分さんに伝えたかったこと①

坂上香さま 國分功一郎さま 昨日(24/05/08)は、三鷹での対談イベント、おつかれさまでした。また、本当にありがとうございました。私は、『プリズン・サークル』の映写イベントで2回、YAA!(ヤングアダルト&アート・ブックス研究部会)でのZoom部会で1回…

2405:100分de名著テキスト『魔の山』~目次+第1回放送分

こんにちは。 本日(24/05/09)21時から、clubhouseにて「100分de名著を語ろう」定例ルームを開きます。この記事は、放送テキストから、目次と第一回放送分の「小見出し」を抽出して、番組視聴等の参考に供したいと考えています。ご覧くださいますと幸いです…

2405:傍観者から「共事者」へ~『プリズン・サークル』の話しを聞いて

こんにちは。 去る5月2日(木)、「3分de名著」と銘打った読書会で、参加者思い思いの「名著」について語っていただく機会を設けました。その中では、坂上香監督の『プリズン・サークル』について言及いただいた方がありました。 この著作は、同監督の映画を…

2405:ショスタコーヴィチ『バビ・ヤール』~井上道義指揮、NHK交響楽団

こんにちは。 先日(24/05/05)、Eテレ「クラシック音楽館」の枠で放送されていたNHK交響楽団第2004回定期演奏会の模様を視聴いたしました。これは「NHKプラス」で5月12日(日)23時まで再生できるとのことです。ご覧いただけるとよいと思っています。 www.n…